第22回総会が終わりました。

  6月7日に予定していた総会は、書面開催となりました。会計監査、理事会もすべて書面開催。初めての経験でした。総会の頃には・・・と思っていたのですが、感染者は収まらず1年に一度の総会でお会いする会員さんのお顔を見ることもできず、静かな総会となりました。議案は全て承認され、役員改選期にあたり、役員も承認され、代表理事に引き続き安岡厚子が務めることになりました。皆様のお力とお知恵をいただきながら、頑張りますので、よろしくお願いいたします。

 4月15日よりお休みしていたカフェ「絆」、昭和の学び舎、弁当の店頭販売を6月8日から再開しました。グループホームのご家族の面会も条件付きですが、再開となり、7月からは職員の休業要請もなしで、感染予防を徹底し、3密を避けて、各部署のスタッフ会議も開催しました。毎年7月に開催する全体会での永年勤続表彰は各部署のスタッフ会議で行いました。15年勤続者が5名、10年勤続者が5名、5年勤続者が8名でした。いろいろ工夫しながらも事業の運営をしている昨今ですが、東京都は感染者が日に日に増えて、300人近い数字に。わが町西東京市は90人(7月23日現在)となり、市部では上位3位。

 「西東京市はなぜ多い?」「新宿や池袋が近いから?」「便利なところは感染者が多い?」

などなど、会員さんからも問い合わせがあります。

 せめて感染者90人の年齢、現在の入院者、退院者、ホテルなどの療養施設者、自宅待機者の内訳が知りたい、直近の感染者の経路もわかる範囲で知りたい。感染者数だけの情報では、怖さがつのり、高齢の皆さんはまた家にこもり、フレイルへまっしぐらです。

 80代後半の昭和の学び舎の生徒さんたちは、正しい情報により、正しく怖がり、対処したいと言われています。

 このコロナ禍の中では、国、都、市の首長のリーダーシップが、住民の安心と命を左右することを思い知ることになりました。介護事業者として、利用者、職員の安心と命を守るために、国や東京都、西東京市に対して、言うべきことは言っていくスタンスをこれからも取っていく所存です。

 なかなか収まらないコロナ禍ですが、みんなの笑顔が少しでも見られる時間を作っていきましょう。3密を避ける介護やイベントの在り方を一緒に考えていきましょう。

              

                         

 2020年7

​理事長 安岡厚子

ー​ 所在地 ー
ー​ 電 話 ー

​〒188-0011 西東京市田無町5-4-8 第一和光ビル1階

​(042)466-2216(代表)

All right reserved by npo-support house nenrin, Since 2003.4
  • Facebook