~ねんりん弁当 一月のお便り~

毎月ねんりん弁当をとっていただいている方に、食事サービスの担当者から月に一度お送りしているお便りを、HPをご覧のみなさまにもお届けします。

(写真のお弁当のメニューは、すき焼き・車麩の含め煮・煮豆(金時豆)胡瓜の生姜酢・桜大根のお漬物)

あけましておめでとうございます。

新しい年の幕開けですね。

今年こそ良い年にしたいです。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、昔ながらのお正月は遠くなりました。

年末年始は尾道で過ごし、年末の30日には石臼で昔ながらの餅つきをしていました。

最初の一臼目は、餡子を入れて丸餅を作ります。その美味しいこと。

子供の頃から、このお餅を食べると

「今年も終わり、お正月が来る」と、気分がウキウキしたものです。

コロナ禍の中、2年続きでお餅つきができません。

お正月を迎える昔ながらの行事もなかなかできませんが、

年が暮れ、新しい年は忘れずに来ますね。今年は寅年。

厳しい冬を越えて、芽吹き始め、新しい成長の礎と

なる年だそうです。年輪らしい味を守りつつ、

新しいことにも挑戦していく年にしていきます。

今年も年輪弁当をよろしくお願いいたします。

本格的な寒さが続きます。お身体大事に、お過ごしくださいませ。

 日頃感じておられることなど、ご意見、ご要望があれば、

「おたより」に書いて、配達スタッフに渡してください。

月一回のお便りですが、今後とも宜しくお願い致します。

                                理事長 安岡 厚子 

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示