~ねんりん弁当 三月のお便り~

毎月ねんりん弁当をとっていただいている方に、食事サービスの担当者から月に一度お送りしているお便りを、HPをご覧のみなさまにもお届けします。


(写真のお弁当のメニューは、ちらし寿司・ぜんまい煮・蒸し焼売・白和え・小松菜と油揚げの煮びたし・大根のお漬物)

 3月に入り、暖かい日が増えてきました。春が近づいてきましたね。

 私が家を出て年輪に向かう時はまだ日が昇っていないので、冬の間はとても寒く、調理場に入ってガスに火を点けるとほっとします。野菜を茹でる鍋のお湯が沸き、ぐつぐつと熱い水蒸気が昇り始めるのを見ていたら、ふと昔の光景が蘇ってきました。

 実家の台所にはガスストーブがあって、朝起きて台所にいくとストーブに乗せたやかんから、しゅっしゅっと水蒸気が上がっていました。ストーブの前に椅子を置き、手をかざしながら母とお喋りをしたり、お茶を飲んだり。寒い冬も悪くないなと思える暖かい時間でした。ガスストーブはおやつの時間も大活躍。さつま芋をアルミホイルで包んで焼きいもを作ったり、お餅を乗せて焼きあがるそばからお醤油に浸して磯辺餅。ちょっと具合の悪いときは、土鍋を載せて母がお粥を作ってくれたり。残念ながらガスストーブはお役御免となりましたが、亡くなった母と過ごした暖かい思い出です。寒いのが苦手な私ですが、熱い湯気にほっとする冬が終わってしまうのが少し寂しい気もします。

 でも、春はそこまで来ています。暖かい風にほっとする季節の到来ですね。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示